ガス料金比較のまとめを作ってみました。

ガス料金比較|知らないあなたが悪いのです|どこがお得か徹底比較

ガス料金比較|知らないあなたが悪いのです|どこがお得か徹底比較

 

このサイトはこんな人は必要ありません。

 

自分でガス会社を営んでいたり、知り合いや親戚などでガス会社をやっているなど人間関係でしがらみがある人。

 

ガス会社に毎年数万円くらいなら多く払ってもいいと感じている人。

 

そのような人はこのサイトは意味ありませんし、これから先は読んでも無駄です。

 

 

これから話すのは嘘のような本当の話です。

 

先日、ある高齢の男性に会いました。

 

その男性は携帯電話をかなり初期から使っていました。

 

 

会社は定かではありませんが、携帯電話がまだ一般的ではない時から使っていたのでかなり長く使っています。

 

その男性は50代の独身でした。

 

私は携帯電話の話になり、衝撃が走りました。

 

なんと携帯電話の基本料金が1万円を超えていたのです。

 

昔の携帯電話の基本料金は非常に高価でした。

 

そして携帯のショップに言っても店員の言われるがままにしてきたそうです。

 

使っている機能は通話だけです。

 

それも1日に1回あるかないか程度です。

 

私は現状ではこれだけ安くなっていることを伝え、電話番号も変えず、基本料金を半額以下にしてあげました。

 

変更手続きは本人がやらなければならないことなので、少々時間がかかりましたが、無事に完了しました。

 

本人は知りませんが何年も高い料金を払っていました。

 

これって誰が悪いのでしょうか?

 

ショップの店員さんですか?

 

いえいえ、全部本人が悪いのです。

 

他人が悪いと感じた人は結構マズいです。

 

 

 

ココで確認!

 

 

では話をガスに戻しましょう。

 

あなたは自分の家で使っているガス会社を知っていますか?

 

そして月々いくらくらい使用しているか知っていますか?

 

知らないと答えたあなた!先ほど紹介した高齢の男性と同じですよ。

 

知らない自分が悪いのです。

 

 

 

何気なく毎日使っているガスですが、そのガスを使っているだけであなたの知らないうちに多くのお金がダダ漏れしている可能性があります。

 

アナタが使っているガスはあなたの住んでいる地域で最も安いガスでないかもしれないのです。

 

「え?どうせガスだろ」

 

って思ったあなた!ハッキリ言います。だからお金にルーズなのです。それはあなたが悪いからなのです。

 

現在、日本には20,000社以上のガス会社が存在していると言われています。

 

そんなにガス会社があるのに、
あなたは一番安いガス会社を選んでいる自身があるならこのページを閉じてしまっても結構です。

 

しかし、あなたの住んでいる地域で最も安いガス会社でなければ、
下にあるサイトから選んでもらうのがベストなのです。

 

でも自分で1からガスの会社のことを調べることできますか?

 

もしあなたがこの業界に精通している人なら可能です。

 

しかし、あなたがこの業界の人でもなければハッキリ言ってどこが安い、
どこが高いってわからないのも現実なのです。

 

大切なのは現在払っている金額と比較して、現在のお金より少なければ儲けものです。

 

するしないのは本人の自由ですし、知らないだけで搾取され続けるのもしょうがない部分もあります。

 

情報は持っているだけでは意味がありません。

 

しっかりと活用して、価値が出るのです。

 

そのためにはしっかりとしたサイトで比較検討することが大切なのです。

 

 

現在住んでいる場所によって本当に違ってきます。

 

ガスには質がありませんから、どうしても最後は価格勝負ということになってしまいます。

 

厳密にはガソリンや灯油などと言ったものと同じですから、
家の近くの業者が安いと思われますが、

 

流通の発達によって様々なガス会社の価格競争が始まっています。

 

実際問題、やるかやらないかは自分の行動力ということになりますが、

 

やれば非常に高い確率で安くなります。

 

安くなるのは人によって、場所によって大きく異なるので表示できませんが、
いつまでも同じ料金でガスを使い続けることは危険なのです。

 

 

【ガス料金比較|知らないあなたが悪いのです|どこがお得か徹底比較】

 

 

もしあなたがガスの見積を希望されているなら、一括に見積もることが簡単で最も効率的です。

 

必ず安くなるわけではありませんが、非常に高い確率で安くなるのです。

 

実際にする、しないはあなた次第ですが、これだけは言えるのは「行動しなければ損をし続けるのは確実」です。

 

しかしながらそんなに難しいことはありません。

 

インターネットが発達した現在では、住所や必要な項目を入れればすぐに結果は出てきます。

 

【ガス料金比較|知らないあなたが悪いのです|どこがお得か徹底比較】

 

ココで確認!

 

【ガス料金比較|知らないあなたが悪いのです|どこがお得か徹底比較】

 

LPガス(通称:プロパンガス)は、ガス利用世帯の約45%が利用している、巨大な市場です。

 

一方で、LPガスが既に小売自由化されていて、他のガス会社に切り替えることが出来ると理解している人は、少ない状況です。

 

LPガス切り替えサービス「enepi(エネピ)」は、全国各地で優良なガス会社と提携している、
一括見積もりサービスであり、ユーザーが他サイトに離脱する可能性は低いと考えております。

 

【ガス料金比較|知らないあなたが悪いのです|どこがお得か徹底比較】

 

 

 

◆都市ガス10社・LPガス27社と業務提携(Web Denki Shimbun)
東ガス、電力販売網を首都圏全域に拡大

 

東京ガスは4日、低圧電力の販売でガス卸供給先の都市ガスなど10社、LPガス27社と新たに業務提携することで合意したと発表した。

 

新たに提携を発表した都市ガス会社は、約5万1千件の顧客を抱える厚木ガス、約4万2千件の顧客を持つ小田原ガスなど10社。
各社の顧客数を合わせると、約18万5千件に達する。

 

 

楽天ポイントとガス

 

楽天は2月12日、アストモスエネルギーと共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」において提携した。
LPガス業界における同ポイントカードの採用は今回が初となる。
LPガスの継続購入で「楽天スーパーポイント」が付与

 

今回の提携により、来秋からアストモスエネルギーが取り扱うLPガスの継続購入において「楽天ポイントカード」が利用可能となる。

 

同サービスでは、毎月LPガス購入時に「楽天ポイントカード」を利用すると「楽天スーパーポイント」が付与される。
対象商品はLPガス。サービス開始時期は2016年10月を予定している。

 

[2016/02/16]マイナビニュースから

 

ココで確認!

 

ガス自由化の準備も怠るな

 

4月に始まる電力小売りの全面自由化に続き、都市ガス小売りの全面自由化を1年後の2017年4月とすることが決まった。

 

 電力とガスの一体改革が成果を上げるには、それぞれの市場で公平に競える環境を整えることが重要だ。
間近に迫った電力だけでなく、ガスの自由化についても怠りなく準備してほしい。

 

 消費者は電力と同じように、ガス会社も自由に選べるようになる。そのためには電力市場と都市ガス市場の競争条件をそろえることが必要だ。

 

どちらかだけ参入しにくかったり、規制が多く残ったりするようではエネルギー産業の垣根を越えた競争は進まない。

 

 ただし、電力と都市ガスは産業構造が違う。電力会社は全国に10社だが、ガス会社は200社以上ある。ガス事業に固有の事情を考慮した市場の設計が大切だ。

 

 電力では全面自由化後も一定期間、消費者はこれまでと同じ、政府が認可した料金を選べる。

 

競争が起きず、少数の企業による「規制なき独占」に陥って料金が上がらないようにするためだ。

 

 都市ガスにも同様の措置は必要だ。ただし、ガス会社の経営規模は大小、様々だ。

 

どの企業がいつまで規制料金を残すのか、納得できる基準を示す必要がある。

 

 新規事業者が顧客に電気を届けるには、既存の電力会社から送電線を借りて送る。ガスはパイプラインを借りる。

 

これが公平、安価に使えなければならない。

 

 送電線やパイプラインの利用料は政府が認可する。
電力では燃料費など料金を構成する様々なコストが適当かを電力会社ごとに審査した。
ガスの場合、100社を超える料金の申請が見込まれる。

 

 政府は来年4月の自由化に作業が間に合わない可能性があるとして、査定には経営効率化の度合いを経営規模が近い他社と比べる方法を採用する。
個別査定より簡便な分、厳格さに欠ける。

 

本来はすべての会社を個別に査定するのが筋だ。日程を優先した例外措置であることを忘れてはならない。

 

日本経済新聞 電子版

 

 

ガス料金引き上げ 小松ガス、5月から

 

小松ガス(小松市)は5月1日から、小口部門のガス料金を平均0・11%引き上げる。石油石炭税の税率改定に伴う2年ぶりの引き上げで、試算では標準家庭の支払いは月額5円増える。同社は18日、中部経済産業局長に一般ガス供給約款などの変更を届けた。

 

 料金の改定は、都市ガスの原料である液化天然ガスと液化石油ガスの調達費用が1トン当たり260円引き上げられることが要因。新料金が適用されるのは6月検針分からとなる。石油石炭税の税率改定により、同社は2012年と14年にも料金を引き上げた。

 

北國新聞社

 

最終更新:3月19日(土)3時11分

 

 

ガスって匂いがありますよね、それって何だか知っています?
あれはわざと付けているのです。

 

なのでできた状態だとガスには匂いがないのです。

 

しかし、匂いがないと人間は異変に気が付かないので、わざと人工的につけているのです。

 

 

2016年4月には電気が自由化されました。2017年4月からはガスの自由化が始まります。そしてその対象となるのは都市ガスのみとなります。

 

もちろんプロパンガスはすでに自由化されていますから、基本的にプロパンガスから都市ガスに変わることとは無関係です。

 

価格的にはプロパンガスは都市ガスに比べで割高であることと言えます。

 

そしてガス会社の切り替えについては、比較的簡単で、(電力のスマートメーターの交換があったので)工事やメーターなど交換は不要なんです。

 

【ガス料金比較|知らないあなたが悪いのです|どこがお得か徹底比較】

 

 

いよいよ都市ガスの選択が自由化になりました。

 

ヤフーの調査を見ますと、まだまだって感じです。

 

 

こんな質問になっていますが、平成29年4月現在では、

 

 

こんな感じで予想通りの回答です。

 

コメント欄では「プロパンガスも自由化しろ!」といっている始末です。

 

正直あきれてしまいます。

 

数十年前からとっくに自由化していますから。

 

都市ガスの場合は、平成29年4月からです。

 

特別な工事も必要ありませんから、簡単なんです。

 

知らない人が悪い世の中なのです。

 

ココで確認!