ガス料金比較

ガスに関するニュース

ガスに関するニュース

 

ガスに関するニュース記事一覧

大手ガス会社が1800人超の復旧応援隊 早期復旧へ支援を拡大 物流は遅れ続く

大手ガス会社が1800人超の復旧応援隊 早期復旧へ支援を拡大 物流は遅れ続く熊本県を中心に規模の大きな地震が相次ぎ、民間企業による支援の動きも拡大した。電気やガスなどのライフライン復旧へ人員を派遣。ただ、高速道路の通行止めで物流には遅れが出ており、支援への影響が懸念されている。 熊本県内で大規模なガ...

≫続きを読む

東電連合は「都市ガス販売で大変なライバル」(東京ガス社長)

 東京ガスは都市ガスの原料となる液化天然ガス(LNG)の調達方法を見直す。LNGの大半を15―25年スパンの長期契約で仕入れている現状を改め、5―10年後をめどに、スポット取引での調達量を3割程度に増やす方針。4月の小売り全面自由化に伴う都市ガス市場の競争激化をにらみ、原料調達ルートの選択肢を広げて...

≫続きを読む

悪質勧誘ご注意 ガス小売り自由化

都市ガスの小売りが四月一日に全面自由化される。昨年、自由化された電力に続いて都市ガスでも地域独占が廃止され、消費者が契約先を選べるようになる。選択肢が増える一方で、便乗した悪質な勧誘なども懸念されており、十分に気を配りたい。 (寺西雅広) 「『ガスの自由化に伴い、ガス機器の交換が必要』と言われたら、...

≫続きを読む

ガス会社が木質バイオマス発電の電力、1万1000世帯分を供給開始

北海道ガスは苫小牧市の木質バイオマス発電所から電力の全量を買い取り、道内の家庭や企業に向けて供給を開始した。北海道産の間伐材や林地残材を100%利用した電力で、年間に1万1000世帯分を調達する予定だ。再生可能エネルギーの地産地消を通じて北海道内のCO2排出量の削減に生かす。[石田雅也,スマートジャ...

≫続きを読む

大阪ガスの送出量過去最大を記録 17日ぶりに更新、冷え込み影響

大阪ガスは10日、9日の管内2府4県と岡山県の一部へのガス送出量が3680万1千立方メートルとなり、過去最大を記録したと発表した。平均気温が3・9度(大阪管区気象台)と低く、給湯と暖房需要が伸びたため。これまでで過去最大の送出量は、今年1月23日に記録した3678万8千立方メートルで、17日ぶりの更...

≫続きを読む

北九州市の洋上風力発電事業 九電子会社・西部ガス選定

北九州市は、同市若松区の響灘に計画している洋上風力発電所の設置事業者として、九州電力子会社の九電みらいエナジー(福岡市)や西部ガス(同)の共同事業体を選定した。15日に正式発表する。共同事業体の提案によると、事業計画は1700億円規模。早ければ2021年度に着工し、発電を開始する。国内初の大規模洋上...

≫続きを読む

電力会社とガス会社が価格競争、4月からセット割引で安く

 この1年間でガス会社に大量の顧客を奪われた電力会社の逆襲が相次いで始まった。先陣を切ったのは関西電力で、家庭向けの都市ガスの料金単価を年末から年初にかけて2度値下げしている。続いて中部電力と九州電力も電力と都市ガスを組み合わせた割安なセット料金を発表した。各社ともガス会社を上回る割引額で既存の顧客...

≫続きを読む

電気ガス14社 4月は全てが料金アップ

電気ガス14社 4月は全てが料金アップフジテレビ系(FNN) 2/25(土) 17:44配信大手14社、全てが値上げする。電力大手10社が発表した、燃料費調整制度に基づく4月の電気料金は、円安に加え、原油や、LNG(液化天然ガス)の価格上昇などを受けて、3月に比べ、「78円から169円」値上がりした...

≫続きを読む

温室効果ガス「実質ゼロ」の原動力と期待されるグリーンファイナンス

地球温暖化対策の新しい国際ルール「パリ協定」は、「今世紀後半に温室効果ガスの排出を実質ゼロにする」ことを掲げており、世界の温暖化対策は大きな転換点を迎えている。低炭素社会から脱炭素社会への進歩を実現するために欠かせないのが、経済の血液とも呼ばれる「金融」の役割だ。気候変動抑制や気候変動適応を可能にす...

≫続きを読む

自由化、鈍い出足 きょう開始 切り替え予約9万件

 都市ガスの小売り事業が1日、全面自由化され、大手電力やLPガス会社による家庭向け販売がスタート。予約申込件数は3月24日時点で約9万件にとどまり、昨年4月に始まった電力小売り全面自由化の予約の約38万件と比べると、鈍い出足となった。関西地区では関西電力と大阪ガスの値下げ競争が激化しているが、全国的...

≫続きを読む

LPガス販売、是正へ指針

都市ガスの小売りが今月、全面自由化され利用者は事業者を選べるようになった。一方、もともと自由化されているLPガスは価格の不透明性や取引方法の問題点が改めて指摘されている。国はこれを機に指針を作り適正化に乗り出した。ポイントを整理した。 ●業者間競争少なく 家庭に供給されるガスは、都市ガスとLPガスの...

≫続きを読む

印大手財閥リライアンスと英BP、共同で深海ガス田開発

印大手財閥のリライアンス・インダストリーズ(RIL)と英石油大手BPは15日、共同で新たに3つの深海ガス田開発プロジェクトを始めると発表した。インド東南部の沖にある既存の深海ガス田で、今後5年間に合計で約4000億ルピー(約6800億円)を投資する。経済成長と人口増に伴い増加が続くインド国内のエネル...

≫続きを読む

東京ガス、春日部・越谷でガス販売

 東京ガスは27日、7月から春日部市や越谷市などで都市ガスの販売を始めると発表した。4月から始まった家庭向け都市ガスの小売り全面自由化を受けて首都圏での営業エリアを拡大し、新規顧客の獲得につなげる。 日本瓦斯(ニチガス)グループの中堅都市ガス会社、東彩ガス(埼玉県越谷市)の供給エリアに新たに参入する...

≫続きを読む