ガス料金比較

北九州市の洋上風力発電事業 九電子会社・西部ガス選定

北九州市は、同市若松区の響灘に計画している洋上風力発電所の設置事業者として、九州電力子会社の九電みらいエナジー(福岡市)や西部ガス(同)の共同事業体を選定した。15日に正式発表する。共同事業体の提案によると、事業計画は1700億円規模。早ければ2021年度に着工し、発電を開始する。国内初の大規模洋上風力発電所。風力産業の拠点化につながるかも注目される。

 

 計画では、陸地から10キロ内の響灘の港湾区域2700ヘクタールを民間事業者が市から20年間借り受ける権利を得て洋上風力発電所を建設する。出力3千〜5千キロワットの風力発電機を数十基設置し、出力合計は15万〜20万キロワットになる。今後3〜4年の環境影響評価(アセスメント)を経て着工する。

 

 関係者によると、選定された共同事業体は、2社のほか電源開発(Jパワー)、風力設備メンテナンス会社の北拓(北海道)などで構成。九電みらいエナジーが幹事会社を務める。また新日鉄住金の関連会社も協力会社として名前を連ねているという。

 

 1700億円の投資費用は、政府系金融機関や地場銀行などでつくる銀行団が融資。年間売電収入は200億円近くになる見通し。

 

 市は昨年8月から事業者の募集を始め、計5グループが事業計画を提出した。関係者によると、有識者でつくる委員会の選考の結果、九電みらいエナジーなどの計画が、風力産業拠点化への実現性や地元企業への波及効果が高いと判断されたという。

 

=2017/02/15付 西日本新聞朝刊=

 

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/308175

関連ページ

大手ガス会社が1800人超の復旧応援隊 早期復旧へ支援を拡大 物流は遅れ続く
ガス会社の値段の言いなりになっていませんか?毎日使用するガスはかなりの確率で安くできるのです、それは知らないあなたが悪いのです。
東電連合は「都市ガス販売で大変なライバル」(東京ガス社長)
ガス会社の値段の言いなりになっていませんか?毎日使用するガスはかなりの確率で安くできるのです、それは知らないあなたが悪いのです。
悪質勧誘ご注意 ガス小売り自由化
ガス会社の値段の言いなりになっていませんか?毎日使用するガスはかなりの確率で安くできるのです、それは知らないあなたが悪いのです。
ガス会社が木質バイオマス発電の電力、1万1000世帯分を供給開始
ガス会社の値段の言いなりになっていませんか?毎日使用するガスはかなりの確率で安くできるのです、それは知らないあなたが悪いのです。
大阪ガスの送出量過去最大を記録 17日ぶりに更新、冷え込み影響
ガス会社の値段の言いなりになっていませんか?毎日使用するガスはかなりの確率で安くできるのです、それは知らないあなたが悪いのです。